陶芸家・モザイク作家の飯野夏実さん(99期)が、東京新聞で紹介されました

真澄会ホームページのトップ画面を飾っている、陶芸家・モザイク作家の飯野夏実 さん(99期)が、「ウクライナのエッグアート 魅惑のピサンキ 台東区の工芸作家が作り方教室」という記事名で、東京新聞に掲載されました。

ウクライナの伝統工芸品の、息をのむような美しさに20年以上前から魅了され、教室を開いて作り方を教えている日本人として紹介されています。

2022年06月14日|各種の情報:メディア掲載情報, 同窓生の活躍