同窓生からのメッセージ

青春かながわ校歌祭や同期会のご感想、また、同窓生へのメッセージ等をお寄せください。
お宝写真なども大歓迎です。(人物が写っている場合は、その方の個人情報に配慮をお願いします)
随時当ホームページ上で紹介させていただきます。
郵送でのお手紙やメール、真澄会LINE@にてお送りください。必ず卒業期とお名前をお知らせください。
真澄会では、同窓生の皆様からのたくさんのメッセージをお待ちしております。

真澄会同窓生からメッセージ

2022年03月22日
阿久津実穂さん(90期)からのお便り(「評議員のみなさまへ」より掲載)
2022年03月08日
山田華さん(107期)山田姉妹のコンサートにいってきました。
2022年03月08日
草笛光子さん(49期)週刊文春連載中のエッセイの感想
2022年01月25日
阿久津実穂さん(90期)からのメッセージ
2022年01月19日
半杭(はんぐい)芳枝さん(39期)からのメッセージ
2022年01月11日
2022.01.11 木版画家 高橋幸子さん(57期)からのお便り
2021年10月28日
加藤(新山)未知さん(82期)より菓子木型の寄贈と校章カスタマイズ
2021年09月21日
真澄会報第63号についてのメッセージ(3)
2021年09月09日
真澄会報第63号についてのメッセージ(2)
2021年09月08日
真澄会報第63号についてのメッセージ(1)
2021年08月31日
2021.08.31 恩師 馬場 昇先生追悼
2021年07月20日
2021.07.20 同窓生からのメッセージ
2021年06月08日
2021.06.08 同窓生からのメッセージ
2021年03月30日
2021.03.29 同窓生からのメッセージ
2020年11月18日
2020.11.18 ソフトボール部OGの方からのメッセージ
2020年10月14日
2020.10.14 石川(小泉)朝子さん(48期)のご家族からのメッセージ
2020年03月31日
2020.03.31 同窓生からのメッセージ
2019年06月19日
2019.06.19 同窓生からのメッセージ
2018年11月27日
2018.11.27 同窓生からのメッセージ
2018年10月16日
2018.10.16 同窓生からのメッセージ
2018年07月31日
2018.07.31 同窓生からのメッセージ
2017年02月07日
2017.02.07 同窓生からのメッセージ
2016年10月18日
2016.10.18 同窓生からのメッセージ
2016年09月20日
2016.09.20 同窓生からのメッセージ
2016年05月24日
2016.05.24 同窓生からのメッセージ
2016年03月01日
2016.03.01 同窓生からのメッセージ
2015年12月15日
2015.12.15 同窓生からのメッセージ
2015年11月24日
2015.11.24 同窓生からのメッセージ
2012年01月01日
2012 同窓生からのメッセージ

阿久津実穂さん(90期)からのお便り(「評議員のみなさまへ」より掲載)

フランス在住の、阿久津実穂さん(90期)よりお便りが届きました。「評議員のみなさまへ」に掲載しておりますが、こちらでご紹介させていただきます。

90期の阿久津実穂です。私は今、フランスのパリに住んでいます。
海外に住んでいた事もあり真澄会では長らく連絡係・評議員どころか住所不明者リスト入りをしていましたが、先日真澄会のホームページが新しくなり、直接真澄会に住所変更の連絡をした事をきっかけに、同期とも協議の末評議員も担当させて頂く事となりました。
海外に住みながら母校の同窓会に関われることを嬉しく思っています。  
先日のオンライン懇親会にも参加させて頂き、海外からも懇親会に参加出来る事に感激しました。
他の期の評議員の方々の交流は大変面白く、また同じ部活の後輩もおり、とても楽しいひとときでした。
評議員だけでもかなりの数なのにも関わらず企画してくださった幹事の方々には感謝しかありません。
ありがとうございました。
 パリには、平沼・真澄会の大先輩で大女優であられる岸恵子さんも住まわれておりました。
2022年にフランスが欧州議会の議長国を務める事を記念して、エッフェル塔と凱旋門がEUの色ブルーにライトアップされました。
その写真で私からのたよりを締めさせて頂きます。

なお、阿久津実穂さんは、「ようこそ真澄会へ」の動画にも大変ご協力をいただいております。こちらをご覧ください。

https://masumikai.securesite.jp/sp20/sp_main/sp_item2021/posts/msm64.html

2022年03月22日

山田華さん(107期)山田姉妹のコンサートにいってきました。

2022年03月05日(土)、逗子文化プラザなぎさホールでのコンサートにいってきました。

会場は、老若男女さまざまな方でいっぱいで、山田姉妹が逗子観光大使をしていることもあり、逗子市長も来ていました

コンサートが終わってから、マネージャーさんを通して、お花をお渡ししました。

参加した皆さんの感想です。

母校創立110周年記念コンサートに最下級生として出演くださった時は、まだ芸大声楽科在学中で二十歳でした。
その華ちゃんが成長して堂々と満席の舞台に上がっていることに感慨を覚えました。歌声にも奥行きも幅も出て御精進のほどが分かります。立派な声楽家になりましたね、華ちゃん!
ご活躍がとても嬉しいです。遠藤玲子さん(71期)

銀座山野楽器でのコンサートに続いて2回目です。大きなホールでのたっぷり2時間、歌を楽しみました。前半は、日本の唱歌やポップス中心、私たちが校歌祭で歌った曲もありとても親近感で聴きました。
後半はソプラノやオペラ曲で、美しく研ぎ澄まれたプロの歌声がマイク無しでも、ホール一杯にパワフルに響き渡りました。

ドレス姿も可愛いし、曲の合間のお話も楽しかったです。3オクターブの美声を披露したときには、観客席皆おー!という感じでした。
私自身も歌が大好きなので、終始お二人の歌声に引き込まれました。
コロナのため、コンサートで一緒に歌うことは出来ないので、手話で一緒に参加しました。はやくコロナが終わって一緒に口ずさんだり、以前の山野楽器のときのように近くでお話したりしたいです。
でも、素敵な一日になりました。ありがとうございました。小林陽子(79期)

コロナ禍に来場された観客の皆さまに配慮した感謝の言葉から始まり、ステージ上での堂々とした立ち振る舞いに感銘を受けました。

また音楽への関心や理解が決して深くはない私ですが、マイクを使わず会場に響き渡る圧巻の歌唱力に終始没入する一方で、小さな頃からの努力の積み重ねや苦労を想像していました。

そして平沼の先輩方と、母校に関する話題を交えながらの鑑賞はとても感慨深いもので、母校の魅力を改めて実感できたことも含め、心癒される素晴らしいステージでした。


◆紹介
88期 髙橋 研二
サッカー部(平沼史上最強)
卒業後、同期との飲み会を30年連続(年3回)開催。
※新型コロナで休止

昨年その取り組みを知った真澄会事務局からの相談を受け、真澄会のデジタル化推進に参画。
皆さまから見える部分では、真澄会Instagramを立ち上げ運営中。

〜母校の情報満載〜
◆真澄会公式Instagram
【目的】
「母校の発展に寄与する」ために、受験を検討されている皆様、保護者様、在校生、会員(同窓生)に向けて情報発信!

https://instagram.com/masumikai_official

アンコールは3曲、素晴らしかったです。

 

 

コンサートの中でもお話していましたが、山田姉妹「こどものためのクラシック」の動画が、ソニー音楽財団の企画に採用されたそうです。今回のコンサート会場でもある、逗子文化なぎさホールで撮影したそうです。こちらでもご紹介いたします。

ソプラノ歌⼿のドレスファッションショー 【小学校高学年向け】

2022年03月08日

草笛光子さん(49期)週刊文春連載中のエッセイの感想

草笛光子さん(49期)が週刊文春で連載中のエッセイ「きれいに生きましょうね」が真澄会員の間で話題になっています。

その中の「第26話 目と歯と耳と」についての感想がいくつか寄せられましたので紹介させていただきます。

 

「第26話 目と歯と耳と」の概要:ご自身の健康について、通院や映画撮影エピソードなどを交えたお話です。

 

誰しも晩節を汚さず、とは思います。しかし、現実を見るとそれがいかに難しいいことか!
晩節をきれいに生き抜いていらっしゃる高女の先輩方には、ただただ尊敬です。by R.E

88歳でこんな魅力的な文章を書ける女性が今の日本にどれだけいらっしゃるか、と思うと、改めて「高女」のレベルの高さを感じます。by H.N

カッコつけないで、みんなにそうよねって思わせるけど、やっぱり平沼の先輩だけあって、きっとすごく努力してるんだと思います。徹子の部屋も面白かったです。ビデオ保存しています。by Y.H

目と歯と耳のお話
イイですね!ステキ💕
私も半年に1回視野検査をするのですが、あの数分間で、すごーく疲れます。それが、草笛さんは「楽しい」っておっしゃってる。さすが大物です。 by K.K

感動した歌のラストシーン、そして大笑いした毒蝮さんメイク、あの映画にそんな裏話があったのですね。
徹子の部屋の時も、お綺麗で若々しくて凛としていてとても素敵でした。
足元にもおよばないけど、草笛さんのように美しく年を重ねていくことが私の目標です。by Y.K

今回の26話はありませんが、週刊文春の草笛光子さん(49期)のページはこちらです。

https://bunshun.jp/list/author/6046e8ab776561596e000000

2022年03月08日

阿久津実穂さん(90期)からのメッセージ

フランス在住の、阿久津実穂さん(90期)よりメッセージが届きましたので、ご紹介させていただきます。

日本は1月は雪だとニュースで見ました。

パリの雪景色もお送りします。90期 阿久津実穂

なお、阿久津実穂さんは、「ようこそ真澄会へ」の動画にも大変ご協力をいただいております。こちらをご覧ください。

https://masumikai.securesite.jp/sp20/sp_main/sp_item2021/posts/msm64.html

2022年01月25日

半杭(はんぐい)芳枝さん(39期)からのメッセージ

半杭芳枝さん(39期)より、真澄会にお便りをいただきました。

紹介させていただきます。

 

拝復

この度は、立派な真澄会報をお送り下さつて有難うございました。

私は39回卒業で、もう97才という高齢になりました半杭(はんぐい)芳枝、旧姓は鈴木でございます。

まだ元気で杖もつかず車椅子のお世話にもならずスタスタと歩いてをります。

お教えを受けた先生方も亡くなり、寂しい限りではございますが、学校がますます発展され、お若い方々の御活躍を拝見して大そう嬉しく存じております。

今回住所不明の方のお問い合わせを拝見し、随分沢山の方の消息不明で驚いておりますが、同級生でもお顔やお姿は思い出してもお付き合いの無かった方が多うございます。私共は、”銀”しろがねという同窓生の交流の場がありましたが、それをまとめて下さっていた山形晶子さんが亡くなられてからバラバラになって、皆さんの御消息が判らなくなってしまいました。それで私も存じ上げている方だけお知らせ致します。

 

※数名の方の情報を記してくださいました。

 

何しろ皆高齢ですから御元気であれば不思議な位だと思います。

いろいろお調べ下さってありがとうございました。

でもまだお元気で電話でお話しが出来る方もいらっしゃるのでこんなコロナ時代でも少し慰められます。

 

コロナに対してはこのマンション内もきびしく対処するよう、食堂ではパーティションが置かれ隔てられてをり、マスク着用は勿論、長椅子などは間隔をあけるよう指示されており、私共からコロナ患者が出たら大変と、マネージャーは、カリカリしています。

フロントもきびしく荷物の受取りなど、くる人の熱も計り大いそがしです。おかげで二百人といてもコロナの患者はいません。毎日部屋へと、アナウンスが入ります。

私共はB29編隊の空襲も体験しておりますが、今の時代は全世界の悩みですから大変ですね。がんばりましょう。

乱筆乱文おゆるし下さいませ。

令和三年九月真澄会御中

半杭芳枝

2022年01月19日

加藤(新山)未知さん(82期)より菓子木型の寄贈と校章カスタマイズ

加藤(新山)未知さん(82期)より

 

こんにちは。120周年の記念に菓子木型職人(日本にはもう数人しかいない)で 黄綬褒章を受章された市原吉博さんに校章を作ってもらいました。今後なにかのお役に立てるかと思いそちらに寄贈いたします。

 

菓子木型の紹介ページです。

https://www.kashikigata.com/

 

 

美術部でしたので オーケストラ部の演奏会のポスターをシルクスクリーンで制作するのがちょうど今時分でした。放課後遅くまでやったことを思い出しました。

平沼アーティストのページは、美術系と音楽系で構成されていて 今後のコンテンツが楽しみですね。

HPにupされていた「ファウスト」に関する石郷岡真さんの寄稿めちゃくちゃ感動いたしました。

在学中は母校がもつ歴史について全くもって無頓着でした。が、この年齢になるとその積み重ねてきた歴史に思いを馳せたりできます。

 

120周年キーホルダーに平沼高校のリアルな校章をカスタマイズしてみました。

平沼高校の校章は、他県の高等女学校の校章と比較しても群を抜いたデザインだと思います。 なかなか素敵に仕上がりました。


スタッフより:

加藤さま

どうもありがとうございます。

大変貴重なお品物、有難く頂戴させていただきます。

学校のお向かいの和菓子屋さんの「伊勢屋」さん、覚えてますか? 平高生には、みたらし団子が記憶に残っているかと思います。 何かの機会にこの型で伊勢屋さんで和菓子を作っていただけるように、検討したいと思います。

ありがとうございました。

そして、校章、素晴らしいです! 校章のサイズがピッタリだったんですんね!

それから、各県の第一高女の100周年記念誌、真澄会室に揃っています。 平沼が100周年記念誌を発行したのを機に、全国の旧制第一高女から送って頂きました。 ご興味がありましたら、真澄会室に見に来てください

2021年10月28日

真澄会報第63号についてのメッセージ(3)

真澄会事務局の皆様

先日は真澄会報63号を送付して頂いていたのにすっかりお礼が遅くなり申し訳ありませんでした。
コロナ禍の中原稿を集めるのも大変だったかと思い深く頭が下がる思いです。

宮城県は12日まで緊急事態宣言が発せられていましたが、13日からまん延防止等重点措置に以降しました。
一時期は一日300名以上の感染者の数がでていましたが、今は4,50名に落ち着いています。こんなに急激に感染者が増えた原因は明らかで8月6〜8日の3日間仙台七夕(今年はかなり規模を縮小して行われましたが)に140万人近くの人が訪れたと新聞に書いてありちょっとびっくりしました。
その後お盆で帰省客も多かったことと思われます。今月一杯はまん防が適用されお酒を出す時間などが制限されているので9月から10月半ばまではあまり感染者がでないと思いますが、少し緩めるとまた増える。この繰り返しでしょう。

感染者が少ないうちに仙台真澄会を人数が少なくて行いたいと思っていますが、メンバーが集まるかどうかが問題です。

66期の住所情報

住所不明の二人の情報、「連絡カード」が入っていたようですが開封した際なくしてしまったのか手元にないのでお知らせします。

(お二人のご連絡先をお知らせいただきました)

お二人共ずーっとお年賀状をやりとりし2017年鶴見で開かれた主人の水彩画の個展に来て下さったり、特にK.Sさんとは宮城県で行われたアイスショー(2019年)をご一緒したりして交流を深めています。

もし仙台真澄会が開かれるようだったらお知らせいたします。

今後もどうぞ宜しくお願いいたします。


仙台支部長

斉藤彰世(66期)

2021年09月21日

真澄会報第63号についてのメッセージ(2)

いつも大変お世話になっております。

当方は64期 吉澤(旧姓:阿波)みつ子です。

本日、真澄会報 第63号 「ますみ」 拝受・拝読いたしました。

120周年記念号素晴らしい内容で皆様のご努力とお心が胸に伝わり
漱石さながらの「多謝多謝」の感でした。

表紙の「ファウスト」ダンス写真拝見し懐かしい伝統に思わず感動しました。
本当にありがとうございました。

日々会報誌作成にご苦労されておられる皆々様へ宜しくお伝えくださいませ。

2021年09月09日

真澄会報第63号についてのメッセージ(1)

ますみ届きました

事務局、会長殿、広報委員長殿

ますみ届きました。楽しく読ませていただきました。有難うございました。
昨年は久しぶりに多くの講師による先輩セミナーが開かれたのですね。
キャリア教育はこのようでなければいけません。これ以降も続けてほしいものです。
支部だより、縦の絆楽しく読ませていただきました。心強い限りです。
コロナの影響で学校も真澄会活動も大変ですね。体育祭、平沼祭なども気軽に見学できないのでしょう?校歌祭も中止で私の記憶から平高、真澄会がだんだん薄れていきそうです。今年、評議員会、総会にリモートで参加させていただき、真澄会が身近に感じられて良かったです。
岸恵子自叙伝、新聞の書評を見て読みました。素晴らしい先輩ですね。
これからも真澄会を応援していきます。宜しくお願いいたします。

舘 憙紀(58期)

2021年09月08日

2021.08.31 恩師 馬場 昇先生追悼

恩師馬場昇先生が病気療養中のところ、8月22日にお亡くなりなりました。

 

馬場先生は50期、男子1期生として新制神奈川県立横浜平沼高等学校に入学なさいました。

そして、その馬場先生を教えられたのは31期神奈川県立第一高等女学校卒業の本山ムメ子先生です。

お二人ともに英語学科です。馬場先生は「僕も本山先生の教え子だ」とよく仰っていらっしゃいました。

第一高女と新制の共学平高を繋いで下さった先生です。そして、平沼高校を誇りに思い、 たくさんの愛情を私達に注いで下さいました。私たちにも平沼高校生の誇りを持つようにと導いて下さいました。

理事・校内理事・監査として真澄会にも貢献して下さり、校内理事としては母校と真澄会の連帯を築いて下さいました。

一真澄会員として、真澄会合唱団にも参加して下さいました。お目にかかる度毎に「真澄会をよろしくな」と仰って下さいました。平沼高校の発展と真澄会の永続を常に気にかけて下さいました。

古い校舎の柳の下で撮った卒業写真には、担任として本山ムメ子先生・副担任として馬場昇先生の若き日が刻まれています。この写真を真澄会公式インスタグラムにアップして貰ったのが、27日です。 馬場先生が人生の大半をかけられた平沼高校にいらして下さっていたような気がしています。

71期

評議員・元理事

遠藤玲子

2021年08月31日

2021.07.20 同窓生からのメッセージ

真澄会ホームページ、いつも楽しく拝見しております。

母校創立100周年の時に撮影したお宝写真を紹介します。

羽鳥アナウンサー:羽鳥慎一さん(86期)を囲んだ、バブリーな私たちをご覧ください。

(笑ってください、懐かしいでしょ!)

 

KEMEさん(71期)より

スタッフより:

楽しいお宝写真、たくさん募集しております。真澄会までお送りください。(メールまたは郵送)

この写真を見た感想などでも結構です。よろしくお願いします。

2021年07月20日

2021.06.08 同窓生からのメッセージ

真澄会ホームページ、いつも楽しく拝見しております。

先週の、「同窓生の執筆」にあった麻酔科医の先生の先輩セミナーの内容、とても良かったです。

改めて読み直してみて、良い記事と思いました。

103期のうちの娘がこの先輩セミナーを受講していて、当時すごく良かったと言っていました。

この頃は土曜日の先輩セミナーでしたので、部活優先でセミナーを受けない生徒もいました。

うちの娘は、2講座も受けていて、小川先生の英語を日本語に翻訳するお話も聴いていて、そちらもとても良かったと言っていました。

 

K.Kさん(71期)より

 

スタッフより:

メッセージありがとうございます。こちらの内容、本当に、先生のお話も生徒さんたちの感想も素晴らしいですね。同窓生の執筆を通して、スタッフの私たちも知ることが多く、とても勉強になります。今後も諸先輩方の執筆した貴重なお話や体験談などを紹介してまいります。

小川先生の英語の先輩セミナーも、後の連載に掲載されますのでどうぞお楽しみに。

 

2021年06月08日

2021.03.29 同窓生からのメッセージ

近くの石崎川公園にガーデンベアが設置されました。桜も満開です。

小さな公園ですが、ガーデンベアがいるので、たくさんの人が訪れています。

 

ガーデンベアのデザインは、伊藤有壱さん(78期)です。

公園の反対側が戸部警察署で、横の橋から京急も見えます。イエローハッピートレインです。

 

K.Kさん(71期)より

そのほか、同窓生の方から桜や満月の風景の写真をお寄せいただきました。

 

2021年03月30日

2020.11.18 ソフトボール部OGの方からのメッセージ

2021年の新年会が中止となったソフトボール部のOGの方からメッセージをいただきましたので、こちらに紹介させていただきます。

 

真澄会お仕事お疲れ様です。連絡ありがとう。やはり中止ですね。残念です。

話し合ったりしてくださったのでしようね。

こんなにいい天気が続くのにどこへも行けなくて残念ですが、自宅の辺りの自然に癒されてます。おすそ分けの写真を送ります。(R.T 79期)

 

スタッフより:他にもたくさんメッセージをいただきました。ありがとうございます。落ち着いたらまた新年会できるといいですね!

2020年11月18日

2020.10.14 石川(小泉)朝子さん(48期)のご家族からのメッセージ

石川(小泉)朝子さん(48期・故人)のご家族から、朝子さんが生前に話しておられた母校への思い出などが詰まったお手紙をいただきました。同窓生の皆様と思いを共有しようと、当ホームページで紹介いたします。

 

真澄会 事務局御中
         「母への思いと在校生の皆さんへ」

 令和元年8月12日、母は91年の人生の幕を下ろして旅だった。昭和2年に横浜で生まれて第二次世界大戦をくぐり抜けて薬剤師の資格をとり仕事をした後、母となり2人の息子を育てあげた。父が銀行員だった関係で横浜から東京、そして福岡の博多、山口の下関にも住んだ。なじみのない土地で育ち盛りの息子を育てながら幼い時から学んだ書の道に邁進し書道師範をとりたくさんの書道展に入選し書道の仲間もたくさんいたようだ。
長男である私は同居の時間も長く母と話しをする機会が多かったが、よく話題に出て来たのが昭和15年(1940年)「県立横浜第一高等女学校」(以下高女)の話しであった。当時、栗田谷小学校から高女に進んだのが母を入れて3人程度だったようで、仲のよかった友人の話のこと、先生のことも懐かしそうに話しをしてくれた。母は高女から本来は国文学の道へ進みたかったが戦争の影響で望みがかなわず共立薬科大学へ進んだ。母がよく私に話しをしたのが、「あなた達は勉強をしたいのであれば自分の進みたい道へ行ける。私達の時代は食べるものも大変で自分のやりたいことを我慢しなければいけないことがたくさんあったのよ。今の人たちは幸せだよ。」だった。
自分達が恵まれていること、当たり前だと思うこと、それは違うということを、母がいなくなり今年に入り新型コロナウイルス感染が世界や日本に拡大し今までの生活が大きく変化して痛感する。母が自分に言ったことが今身にしみる。
現代はネットワーク社会で便利になっているが、まずは当たり前の生活が出来ることの感謝や家族のみならず母がいた病院、介護施設などで懸命に働いている人たちなどへの感謝する心、思いやりを忘れないようにしたいとあらためて思う。
 在校生の皆さん、これからの時代はこれまでの生活様式や価値観が変化する時代だと思う。人生100年時代、「今日と同じ明日はない。」などとも言われが、おじけづく必要はない。
たくさんの誇るべき先輩が学んだ伝統ある平沼高校で学んでいる誇りを持ち日々自分にとりいい時間を過ごして欲しいと思う。

  石川文夫(長男)(大学法学部客員教授)

2020年10月14日

2020.03.31 同窓生からのメッセージ

こんにちは。合唱コンクールのご連絡ありがとうございました。今の状況ですと、仕方ありません。
2019年の校歌祭は台風19号で中止となったのに続いて、本当に残念です。
今年の校歌祭の開催と成功を願っています。

コロナウイルスにより外に行けないので、家で片付けをしていたら、懐かしい記念品がでてきたので、写真をお送りします。
1993年の90周年ものです。(y.k 79期)

2020年03月31日

2019.06.19 同窓生からのメッセージ

こんにちは
先日(2019/6/9)に…真澄会 埼玉支部 千葉支部合同の支部会で 初めて新校舎と資料館を見学させていただきました。
校舎はすっかり様変わりしていましたが、岡野公園や伊勢屋さんは健在で 大変懐かしく思いました。 同期4人での初参加!?大先輩に囲まれて、80期が 若い若い(^^;;と言われて なんだか不思議な感覚でしたがとっても楽しかったです。

ハンドボール部67年ぶりとは凄いですね⁈ だいぶ後輩ですが母校の名前が出るとドキドキワクワクしますね(^^;;
応援しています。
ライン楽しみに拝見しています 返信は不要です(^o^)/
素敵な報告ありがとうございました。 80期 K.H



2019年06月19日

2019年06月19日

2018.11.27 同窓生からのメッセージ

真澄会事務局さま

66期の原(車谷)和子と申します。
先日の同期会に際し、校内ツアーで大変お世話になりありがとうございました。

真澄会の展示の中で、100周年記念の大運動会の事がすっぽり抜けているようでしたのでお知らせいたします。

大運動会の翌年3月1日に亡くなられてしまわれました竹腰美代子さんが、「運動会」と「運動会の最後に卒業年度の生徒がファウストを踊る」伝統を復活されたいと、命を削ってご尽力下さって実現したのが大運動会でした。
また、竹腰さんの時代には音楽の時間にファウストの曲「祭の合唱と円舞曲」というのを合唱されていたそうで、元県立図書館館長さん、有隣堂会長さん、オペラ協会会長さん等々の諸先輩がたのお助けを頂いて、当時の楽譜を探し、大運動会時のファウストに合唱もつける事ができました。

あまりに大事に?しまい過ぎて写真が出てこないのですが、手持ちの新聞記事とプログラムと楽譜の表紙の画像を添付させて頂きます。(写真、探します)

竹腰さん(NHKテレビ体操初代、香淳皇后の先生)が、命をかけて復活してくださった運動会の事をお知らせしたくて、、、。

よろしくお願い申し上げます。


*ファウストですが、明治36年ごろから御茶ノ水女子大付属女学校から全国の「県一」で受け継がれて来たようです。亡くなった私の祖母と母は兵庫の県一卒だったそうですが、平沼の運動会でファウストを見て、二人とも踊れたのにびっくりした記憶があります。


度々すみません。
100周年運動会時に竹腰さんとファウストの合唱参加の皆さまの写真です。記念に撮って下さいました。
今直ぐには動けないのですが、プログラム、楽譜等お届けいたします。
よろしくお願い申し上げます。

66期 原和子

2018年11月27日

2018年11月27日

2018.10.16 同窓生からのメッセージ

2018年第13回かながわ校歌祭に関するメッセージ


校歌祭ではいろいろご迷惑をかけお世話になりました。
小生、何とか無事終了にこぎ付けたことは幸いでした。
皆さんに宜しくお伝えください。
T.M(51期BASS)



真澄会役員の皆さんのおかげで、たくさんの感動と生きる希望をもらえました。同窓生はもちろん、恩師方にもお会いできましたし。現役生のまっすぐな歌声、佇まい、本当に心に深い感銘を与えてくれました。来年もまたよろしくお願い致します
(️71期アルト)



「校歌」のあの統率の取れた美しさは圧巻!️まさに平沼の「真骨頂」素晴らしかつた!
(71期ソプラノ)



2018年10月16日

2018年10月16日

2018.07.31 同窓生からのメッセージ

2018/7/31

暑中お見舞い申し上げます。

仙台は今日の最高気温はなんと36.7度でした。


連日猛暑が続いていますね。我が家ではつい最近まで昼間はエアコン無しでもなんとか過ごしましたが、3日前から朝からエアコンをつけています。
横浜の暑さはこんなものではないと、お察し申し上げます。


7月16日(月)に第67回仙台真澄会を開催しましたので、その報告書と写真を添付致します。


一昨年は根本卓子さん、昨年は早坂祥子さんと続けて仙台真澄会の常連だった先輩二人が旅立たれ、本当にさびしくなりました。でも米寿を迎えた相澤さんが今年も横浜からお越し下さった嬉しい限りです。

来年以降も細々ですが、一年に一回は皆様とお会いしたいと思っています。


暑さが厳しいので、どうぞ事務局の皆様ご自愛ください。


私はせっせとジム通いを続けるつもりです。


仙台支部長

斉藤 彰世(66期)

2018年07月31日

2017.02.07 同窓生からのメッセージ

【溝田和子さん(61期)より】

先日はフェリーチェコンパーニョ・ニューイヤーコンサートのチラシを

ホームページへ掲載して頂き有難うございました。

年末年始を挟んでのコンサートで大変だったので終わってホッとしています。

又次回も宜しくお願い致します。

毎日寒い日が続いています。どうぞ暖かくしてお過ごしください。


溝田和子




2017年02月07日

2017年02月07日

2016.10.18 同窓生からのメッセージ

2016年青春かながわ校歌祭に関するメッセージ

N.Sさん(79期)

ありがとうございました。
本番はあっと言う間におわってしまいますね。
懇親会も良かったです。
感動でした。
卒業してから何十年も経ち、いろいろな人生を乗り越えてきたみんなが、これから荒波にもまれるだろう若者も含め130人もの平高生がこの日は何もかも忘れ、一つになれました。
歌って素晴らしいですね。
みんなが幸せな人生をおくれますように。

M.Fさん(79期)
年齢や生活が様々な人達が集まって、一つの歌で結ばれていくって、すごいことですね!
高校生のときは、まさか35年後にこんなふうにみなさんと歌っている姿なんて、想像もしなかったです。
いろんなことにありがとう、です。

S.Iさん(79期)
本当にありがとうございます。同じ学校で学んだ事が、今の生活に潤いをもたらしてくれているんですねー。


R.Eさん(71期)

打ち上げは若手中心になって、79期の陸上部の女の子の話とか、現役生の歌とか
心が動かされる良い会になりました。ありがとう。


K.Kさん(71期)

打ち上げでの、現役生合唱部の歌が最高でした!!


Y.K(79期)

校歌祭お疲れ様でした。楽しかったですねー。
色々といたらないところもありましたが、みなさんのご協力で良い校歌祭になりました。
ありがとうございました(*^^*)
現役合唱部の皆さんも参加してくださってありがとうございました。打ち上げでの歌唱素晴らしかったです。


2016年青春かながわ校歌祭に関するメッセージ(終)

2016年10月18日

2016.05.24 同窓生からのメッセージ

【千葉山貴公さん(94期)】

どうもありがとうございます!!

真澄会HPに掲載頂いて、嬉しいです。^^
同窓の先輩方に応援して頂けたら、とても心強いです。
記事


2016年05月24日

2016年05月24日

2016.03.01 同窓生からのメッセージ

【須藤伸司さん(61期)】

2016年2月27日の小せん落語独演会に、61期の仲間11人と行って来ました。
小せんさんの実力をイヤというほど堪能しましたが、真澄会でお顔を存じ上げている人たちともお会いできました。(山口前会長、豊田さん、野地さん、修子さん、松永さん、野口さん、桝崎さんなど)
入るときに配られた印刷物の中に次の「営業案内」も入っていました。真澄会のHPに載せてよいものか、迷う部分もありますが、小せんさんの素晴らしさを紹介したくて、載せてほしいと思います。

なお、ポスター中の「神奈川華講座」に出る、柳家あお馬さんは小せんさんの弟子のようですが、注目してよい噺家さんです。
よろしくお願いします。



2016年03月01日

2016年03月01日

2015.12.15 同窓生からのメッセージ

【保坂泉さん(79期)、シナバーガー純子さん(79期)】

79期コーラスグループ「コニーリョ」のメンバー募集の記事の掲載をありがとうございました。
おかげさまで人数も増えて、楽しく合唱の練習をしております。

これから桜の季節となり、母校も明るく華やぐことと思います。真澄会スタッフの皆様の益々のご活躍をお祈りいたしております。

2015年12月15日

2015.11.24 同窓生からのメッセージ

【須藤伸司さん(61期)】

テレビのチャンネルを適当に回していたら、iTSCOMでかながわ校歌祭を放映していました。
小田原高校から観始めて、次が逗子高校、港南台高校と続きました。

前半最後の平沼高校が出たのでじっくり観ました。さすがというか、格が違います。

それはそれとして、私は、映っている中で知っている人を探し、岸村、小林、遠藤、石黒、晴美、英信、地葉、大庫さんなどが確認できました。レベルの高い合唱団とは聞いていましたが、さすがです。衣装もよかったけど、紫色のコサージュが衣装に映えていました。

2015年11月24日

2012 同窓生からのメッセージ

【二宮玲子さん(75期)】

原発から40キロにある福島県三春町の樹齢千四百年の滝桜の
動画のお知らせです。

福島県人の誇りである滝桜が今年も堂々と咲いた事を全世界に
発信し、福島はこんなに元気だとアピールするため、福島県出身の
今泉文子監督がプロデュースしました。

私も及ばずながらUNプロのスタッフとしてボランティアで音楽を
担当させていただきました。

メインはカメラマンが毎時0.4マイクロシーベルトを浴びつつ
2週間に渡り、30秒毎にコマ取りした素晴らしい映像です。
(私も取材で丸一日同行させていただきました)森崇さんのミキシングで、
神奈川県フィルの団員の方々、フルートの南部やすかさん、ハープの
松本花奈さんが演奏されています。

普通のヤフーの検索に以下のURLを入れてご覧ください。

http://www.youtube.com/watch?v=vthsY9txwlw

なるべく多くの方に見ていただきたいので、よろしければ
ご友人にお知らせください。

ナイチンゲールの看護覚書の映画と共に全国でハイビジョン映像に
よる上映会が開催されています。

                    二宮玲子(75期)

2012年01月01日